2017.07.23 Sunday

タイ食堂

今年で5回目を迎える「タイ食堂」
毎年楽しみにして下さっている方々もおり、

8月に欠かすことができないイベントとなりました。

 


世界を旅してきた素敵な女性がいます。

その中でもタイに魅せられ毎年訪れ、実際に現地の食堂でタイ料理を学び、

日本でも日々タイ料理を作り続けてきました。

その彼女の作るタイ料理は素材選びから徹底的にこだわり、

暑さ厳しいこの季節はとくに、身体の細部にまで染み渡ります。

太陽が降り注ぐサンルームで、今夏も一日限りの「タイ食堂」をお楽しみください!

 


―SPECIAL THAI LUNCH―

¥3500 (税込)
 

トムヤムクン
(海老、ふくろだけ、レモングラス、こぶみかんの葉入りのクリアスープ)
 

カノムパンナームー
ON THE DISHのcottonに海老と豚肉、香菜などで作ったペーストをのせて揚げたもの

生春巻き

海老、野菜、春雨の肉味噌和え入り


ソムタム

青パパイヤ、トマト、干し海老のサラダ

 

ナームジムアジャッド

キュウリ、赤玉ねぎの酢漬け


カオマンガイ

チキンスープで炊いたご飯に茹でた鶏肉をのせた、タイのローカルフード

 

食後のデザート
 

*お子様用のメニューはご用意をしていなく、上記のコースのみとなっております。

 


日時:2017年8月6日(日)11時〜12時50分 

         13時〜15時 

*一斉にご用意するため、始まりの5分前にご来店頂きますよう、お願いいたします。

満席となりました。たくさんのご予約をありがとうございます。


 

 

場所:ON THE DISH*パンの販売はお休みとなります。 

料金:3500円(アルコールやソフトドリンクは別途料金となります)

ご予約方法:7月24日(月)21時より、ご予約開始いたします

      ご希望時間、お名前、電話番号、人数

      info@on-the-dish.comまで、ご連絡お待ちしております。


キャンセルについて:キャンセルの場合には、8月3日(木)までにご連絡ください。
4日(金)以降は、キャンセル料を頂きます場合もありますこと、ご了承ください。

必ず、ご予約完了の返信をいたします。3日以内に返信がない場合には、
迷惑メールに振り分けられてしまっている場合がございますので、ご確認ください。


2017.06.08 Thursday

「ATELIER TOA 小物展」

「ATELIER TOA 小物展」を開催いたします。

 

ATELIER TOAの五十川さんが2月に訪れたヨーロッパにて、

デザイナーまたは、クラフトマンと打ち合わせを重ね

仕上がった数々の小物が揃います。

 

身に付ける物の多くは日本人女性の特徴を意識し、

サイズ感、色合い、デザインを吟味しました。

それらは伝統にうらづけされた技術を用い、匠に仕上げながらも

軽快なウィット感のあるものに仕上がりました。

 

ヨーロッパにはまだ素敵な作り手や物が沢山眠っていて、

日本に紹介されていない一部の物はバイイングの際に

非常に細かなやりとりと調整が必須だと感じます。

互いの持つイメージの方向性を共有しながら削ぎ落とし

仕上がった数々の品々を、そう又とない機会に

ご覧頂けますと幸いです。

 

jewelry/bag/lingerie/artpiece

umbrella/unique chair/etc

 

また一部、小物展に合わせた衣類(Highsummer Collection)

もご用意しております。

 

 

今回は両日ともに10時より、五十川さんより制作者に纏わる

お話や素材、デザインの選び方、コーディネートを中心とした

時間をいただくとして、<アポイントタイム>とさせて頂きます。

もちろん12時からのフリータイムでも五十川さんに色々と伺うことはできますが、

ご来店頂いた方全てに1点ずつの説明は難しいかと思いますので、

ご興味ある方は、ぜひお気軽に、アポイントタイムにお越し頂けたらと思います。

 

ATELIER TOAさんのインスタグラムで商品を少しずつ垣間見ることができますので、
世界観とともに、どうぞご覧くださいませ。→

 

 

「ATELIER TOA 小物展」

日:7月1日(土)2日(日) *ON THE DISHの営業はお休みとなります

時:10:00〜12:00 / アポイントタイム(ご予約については下記をご覧ください)

  12:00~16:00 / フリータイム

場所:ON THE DISH *accessをご覧ください



      

 

春夏展の際に、ATELIER TOAのお客様でもある文筆家の高原たまさんが、

「ATELIER TOA」、そして店主である五十川裕子さんについて書いてくださいました。

まだお読みになられていない方は、こちらより、ぜひご覧くださいませ。

 

アポイントタイムのご予約について:

ご予約頂いた方には、追ってお返事いたします。
以下の項目とともに、メールでのご予約をお受けいたします。
info@on-the-dish.com

・お名前
 *お友達とご一緒の場合は、お友達のお名前も合わせてお知らせください
 *お子様がご一緒の場合は、その旨をお伝えください
・人数
・ご連絡先
・ご希望日 7月1日(土)または2日(日)10時〜

 *10時より、お話を始めますが、ご都合悪い場合は、ご来店時刻をお知らせください

 

 

―お支払について―
・展期間中は特別にクレジットカードもご利用頂けます。

*当店スタッフが電話でクレジット会社とやり取りをいたしますので、

 少しお時間を頂戴いたしますこと、ご了承くださいませ
・受注製品につきましても、前払いとさせて頂きますこと、ご理解ください。   

 

―商品について―
*商品についてのお問い合わせは、直接ATELIER TOAさんにお願いをいたします。

 info@ateliertoa.com


2017.03.24 Friday

「アトリエトア」について

アトリエトアのお客様でもある文筆家の高原たまさんが、今回の展に向けて、

「アトリエトア」とその店主である五十川裕子さんについて、書いてくだいました。

読んで頂くことで、一歩、アトリエトアについて知って頂けるかと思います。

 

 

 

わたしたちは裸では生きられない。

食べることは生きることといわれて久しいけれど、「何を着るか」ということは、

時に食べ物以上の切実さをもって生きることにつながる。

目の前の人にはじめて会った瞬間から、その人が身につけるべき服をまとった姿が

ありありと見えてしまう五十川裕子さんという女性がいる。

彼女は『アトリエトア』の屋号で長崎にて十五年以上生活道具や服をあきなう

対面式の店をつづけ、去年からは同じ屋号のまま店舗をもたない

パーソナルショッパーになった。

五十川さんは嘘がつけない。相手にふさわしい服しか勧めない。

目利きの彼女なら流行の服をべらぼうな数売ることだって

そう難しいことではないだろうに、ぜったいにそれをしない。

果敢に世界中をまわり、各国のデザイナーと直に対話しながら最高の服を集めて、

それらをふさわしい人のもとへ誠実に届ける。

五十川さんが提案する服には、それまで日本に入ってきていないブランドもあれば、

あまたのウェブショップでも目にするようなブランドのアイテムも含まれている。

けれどブランド名こそ同じでも、その世界はトア流にまったく新しく構築されている。

中には、過去の作品を今期の生地で復刻してほしいなどという、デザイナーにとって

暴力的ともいえるリクエストが叶った服もある。

デザイナーは彼女のセンスのよさと服への理解力の高さに敬意をはらって、

快諾せざるをえなくなってしまうのだ。

 

「この服はあなたにふさわしい」ということを、五十川さんはあまりにも迷いなく

あなたに伝える。服は見たところいたって「ふつう」のようだけれど、

気軽に手を出せる値段とはいいがたい。

おまけにいつもなら選ばないサイズであったりもするので、あなたはすこし戸惑う。

ところが袖をとおしてみて/羽織ってみて/履いてみて、もっと戸惑うことになる。

この服はなぜこんなにも着心地がいいのだろう。

そして自分はなぜ、さっきまでとは違うこんなによい佇まいをしているのだろう。

半信半疑ながらその服にわずかな希望を感じとり、おもいきって買ってみる。

しだいに、その服を着ている日は「なんだか素敵だ」とやたら褒められるようになる。

服が、ではなくて、あなた自身が素敵だと。

「ふつう」に見えた服のもつ静かな美しさは、着れば着るほど自身に潜む美しさを

引き出し、いつの間にか日々の色彩までかわっていることに気づく。

人によっては明日かもしれないし、一年後かもしれないが、五十川さんの予言めいた

言葉どおり、真に上等な服を着る準備がととのったその日はかならずくるのだ。

今回、オンザディッシュで三度目のアトリエトア展がおこなわれる。

着るものをなにから選んでいいか分からなくて途方に暮れているひとも、

さんざん服に溺れて着ることにすこし倦んでいるひとも、

ぜひ一度、足を運んでみてほしい。

たった一着の服によって、それまでの自分の有様が鮮やかに裏切られることの

気もちよさを知るはずだから。

検索結果だけで知った気になることではつかめない、

生きる実感をともなった服との出会いがそこにある。

 


2017.03.24 Friday

「ATELIER TOA」展

当店で3度目となる「ATELIER TOA」展を開催いたします。

両日とも、どのお時間帯も、どなたにでもご自由にご覧頂けます。

 

春夏の衣服や靴、生活道具などが並びます。

アトリエトアさんのインスタグラムで商品を少しずつ垣間見ることができますので、
世界観とともに、どうぞご覧くださいませ。→

 

 

「ATELIER TOA」展

日:4月15日(土)16日(日) *ON THE DISHの営業はお休みとなります

時:10:00〜16:00

場所:ON THE DISH *accessをご覧ください



      

 

アトリエトアのお客様でもある文筆家の高原たまさんが、

「アトリエトア」、そして店主である五十川裕子さんについて書いてくださいました。

全文は、こちらより、ぜひご覧くださいませ。

 

「この服はあなたにふさわしい」ということを、五十川さんはあまりにも迷いなく

あなたに伝える。服は見たところいたって「ふつう」のようだけれど、

気軽に手を出せる値段とはいいがたい。

おまけにいつもなら選ばないサイズであったりもするので、あなたはすこし戸惑う。

ところが袖をとおしてみて/羽織ってみて/履いてみて、もっと戸惑うことになる。

この服はなぜこんなにも着心地がいいのだろう。

そして自分はなぜ、さっきまでとは違うこんなによい佇まいをしているのだろう。

半信半疑ながらその服にわずかな希望を感じとり、おもいきって買ってみる。

しだいに、その服を着ている日は「なんだか素敵だ」とやたら褒められるようになる。

服が、ではなくて、あなた自身が素敵だと。

「ふつう」に見えた服のもつ静かな美しさは、着れば着るほど自身に潜む美しさを

引き出し、いつの間にか日々の色彩までかわっていることに気づく。

人によっては明日かもしれないし、一年後かもしれないが、五十川さんの予言めいた

言葉どおり、真に上等な服を着る準備がととのったその日はかならずくるのだ。

今回、オンザディッシュで三度目のアトリエトア展がおこなわれる。

着るものをなにから選んでいいか分からなくて途方に暮れているひとも、

さんざん服に溺れて着ることにすこし倦んでいるひとも、

ぜひ一度、足を運んでみてほしい。

たった一着の服によって、それまでの自分の有様が鮮やかに裏切られることの

気もちよさを知るはずだから。

検索結果だけで知った気になることではつかめない、

生きる実感をともなった服との出会いがそこにある。



―お支払について―
・展期間中は特別にクレジットカードもご利用頂けます。

*当店スタッフが電話でクレジット会社とやり取りをいたしますので、

 少しお時間を頂戴いたしますこと、ご了承くださいませ
・受注製品につきましても、前払いとさせて頂きますこと、ご理解ください。   

 

―商品について―
*商品についてのお問い合わせは、直接アトリエトアさんにお願いをいたします。

 info@ateliertoa.com


2016.08.28 Sunday

ATELIER TOA  【 De tail 】 2016 FW

2月に開催をいたしましたATELIER TOA [De tail]でお選び頂いた品々が、

その後、それぞれの方々の日々の暮らしに馴染み、欠かせないものとなっているという

お声を多数頂き、大変うれしく思っております。

 

ATELIER TOA [De tail] 2016 FW を9月24日(土)25日(日)の2日間開催いたします。

今回は秋冬ものの衣服を中心として、2月よりもさらに充実した内容での展となります。

 

カシミア、シルク、ウール、オールハンドによるバッグなど、、


長年、国内外の上質な手仕事の品に触れてきた五十川さんが選ばれる品々は、
シンプルでありながらも今回の展のテーマでもある「ディテール」を積み重ね、
尚もそぎ落とされた、身に纏うことでより美しさを表すものだと感じています。

 

特に秋冬の素材となるカシミアやウールは素材感がとても大切になるものですが、

五十川さんが選ばれた衣服は、そのどれもが一目見て上質でありながらも、

決して特別な日に取っておくものではなく、

日常の中で着ていくことで(五十川さんが大切にされていることです)、

その人自身に馴染み、衣服の持つ本来の良さがさらに表れていくのです。


今回は両日ともに午前中(10〜12時)をアポイントタイムとして、

五十川さんと少人数のお客様とで商品について、コーディネートの提案、試着、、と

ゆっくりじっくりと向き合って頂く時間とさせて頂きたいと思います。

*もちろん、お時間を過ぎてしまっても大丈夫です。

 

13時〜17時まではフリータイムとし、ご予約なしで、ご自由にご来店頂く時間とさせて頂きます。


日々の暮らしの中で寄り添いながら、末永くご愛用頂ける大切な衣服と
きっと出逢って頂けるだろう特別な2日間、どうぞお越しくださいませ。
*アトリエトアさんのインスタグラムで商品を少しずつ垣間見ることができますので、
 世界観とともに、どうぞご覧くださいませ。→
*商品についてのお問い合わせは、直接アトリエトアさんにお願いをいたします。

 info@ateliertoa.com

 

  Atelier toa

  【 De tail 】2016 FW
  at
  ON THE DISH

  何を着て どう過ごすかは 長年抱えている課題のような気がする


      

 



アポイントタイムのご予約について:

ご予約頂いた方には、追ってお返事いたします
以下の項目とともに、メールでのご予約をお受けいたします。
info@on-the-dish.com

・お名前
 *お友達とご一緒の場合は、お友達のお名前も合わせてお知らせください
 *お子様がご一緒の場合は、その旨をお伝えください
・人数
・ご連絡先
・ご希望日 9月24日(土)または25日(日)10時〜12時

お支払について:
・展期間中は特別にクレジットカードもご利用頂けます。

 *カード会社のオペレーターの方と、当店スタッフが電話でやり取りをいたしますので、

  少しお時間を頂戴いたしますこと、ご了承くださいませ
・受注製品につきましても、前払いとさせて頂きますこと、ご理解ください。   


2016.07.26 Tuesday

タイ食堂 

今年で4回目を迎える「タイ食堂」
毎年楽しみにして下さっている方々もおり、8月に欠かすことができないイベントとなりました。

 


世界を旅してきた素敵な女性がいます。

その中でもタイに魅せられ毎年訪れ、実際に現地の食堂でタイ料理を学び、

日本でも日々タイ料理を作り続けてきました。

その彼女の作るタイ料理は素材選びから徹底的にこだわり、

暑さ厳しいこの季節はとくに、身体の細部にまで染み渡ります。

太陽が降り注ぐサンルームで、今夏も一日限りの「タイ食堂」をお楽しみください!

(今年は新メニューのカオマンガイとトムヤムクンのクリアスープが最高に合います!)

 


―SPECIAL THAI LUNCH―

¥3500 (税込)
 

トムヤムクン
(海老、ふくろだけ、レモングラス、こぶみかんの葉入りのクリアスープ)
 

カノムパンナームー
ON THE DISHのcotton(食パン)に海老と豚肉、香菜などで作ったペーストをのせて揚げたもの

生春巻き

海老、野菜、春雨の肉味噌和え入り


ソムタム

青パパイヤ、トマト、干し海老のサラダ

 

ナームジムアジャッド

キュウリ、赤玉ねぎの酢漬け


カオマンガイ

チキンスープで炊いたご飯に茹でた鶏肉をのせた、タイのローカルフード

 

食後のデザート
 

*お子様用のメニューはご用意をしていなく、上記のコースのみとなっております。

 


日時:8月7日(日)11時〜12時50分 満席となりました。キャンセル待ちをお受けいたします。

         13時〜15時 

*一斉にご用意するため、始まりの5分前にご来店頂きますよう、お願いいたします。
 

 

場所:ON THE DISH*パンの販売はお休みとなります。 

料金:3500円(アルコールやソフトドリンクは別途料金となります)

ご予約方法:ご希望時間、お名前、電話番号、人数

      info@on-the-dish.comまで、ご連絡お待ちしております。


キャンセルについて:キャンセルの場合には、8月4日(木)までにご連絡ください。
    上記以降のキャンセルは、キャンセル料を頂きます場合もありますこと、ご了承ください。

必ず、ご予約完了の返信をいたします。3日以内に返信がない場合には、
迷惑メールに振り分けられてしまっている場合がございますので、ご確認ください。


2016.05.02 Monday

foodmood+teteria 

foodmoodのしほさんの手からは、今までどれだけの幸せのおやつが生まれてきたことでしょう。
菜種油を使ったおやつの美味しさを教えてくれたのも、シフォンケーキの美味しさを
教えてくれたのも、しほさんでした。
そして、おやつ作りは特別なものではなく、日常の中で気軽にできることを
教えてくれたのも、しほさんでした。

teteriaの大西さんの手からは、今までどれだけの幸せの紅茶が生まれてきたことでしょう。
当店でもteteriaの茶葉のご紹介と喫茶でも召し上がって頂いておりますが、
大西さんご本人に淹れて頂いた紅茶を飲まれたら、そのあまりの美味しさに驚かれるはずです。
ストレートティの奥深さとミルクティの魅力を、ぜひ知って頂けたらと思います。

foodmoodのシフォンケーキの焼き方からサンドの作り方まで
(挟む具材は当日までのお楽しみに!)を、なかしましほさんに、
そして、teteriaの大西さんにはストレートティとミルクティの淹れ方を、
それぞれデモンストレーションで教えて頂きます。
*初夏のような陽気となる日も増えてきましたので、その日の気温によっては、
 アイスティに変わる場合もありますこと、ご了承くださいませ。

foodmoodのシフォンサンドとteteriaの紅茶という、
何とも贅沢すぎる組み合わせ!
日々がより豊かになる、学び多き時となればと願っております。

満席となりました。ありがとうございます。
日時:5月15日(日)
   10:00〜13:00 
   15:00〜18:00 
   *10分前にON THE DISHにお越しください

持ち物:エプロン、筆記用具、手拭き、140ml以上入るマグカップ
    *基本的にはデモンストレーションになります
参加費:6000円+税 
    *お土産にクッキーと茶葉をお渡しいたします

ご予約について:
5月4日(水)10時より受付を開始いたします。
10時前に頂いたメールは無効となります>
先着順とさせて頂きますこと、ご了承くださいませ。
以下の項目とともに、メールでのご連絡をお待ちしております。
info@on-the-dish.com

・お名前
・人数
・希望回(第一・第二希望を必ず記してください)
・当日連絡のつく、ご連絡先

*携帯電話の方は必ず受信できるように設定をお願いいたします。
*gmailはこちらからのメールが届かないことが多々ありますので、
 お控えくださいませ。
*迷惑メールに振り分けられてしまう場合もありますので、ご確認ください。
*メールをご返信頂いて、<ご予約完了>とさせて頂きます。

 

2016.04.25 Monday

special lunch for kyusyu

私たちに今できること、、

熊本・泰勝寺でそれぞれに過ごし、遠く離れていても繋がり、思いがある
nemuri coffee、ficel.、ON THE DISHが合わさり、
一日限りのスペシャルランチセットをご用意させて頂きます。
ランチセットとテイクアウト(パン、焼き菓子、珈琲豆)の全売上を
熊本・泰勝寺を通して、九州のお役に少しでも立てて頂けたらと願っております。
お越し頂ける皆様には、まず美味しく召し上がって頂き、気持ちの良い時を過ごして
頂けたらと思いますので、新緑が美しい季節、足をお運び頂けましたら幸いです。

ご予約を開始いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
満席となりました。ありがとうございます。
「special lunch for kyusyu 」

日時:5月1日(日)
12:00〜13:00  13:15〜14:15 14:30〜15:30
*ご予約が一杯とならなかった場合は、フリーのお席もご用意いたします


―MENU 1600円+税― 
ON THE DISH 「スープセット」
 カリフラワーのポタージュ
cotton クミンの香りのチーズとハーブバター
サラダ数種

nemuri coffee 「自家焙煎珈琲」 
目覚めをイメージした”夜明けのエチオピア”を一杯ずつハンドドリップいたします
    一杯ずつ丁寧にお淹れしますので、お出しするタイミングは
   ご来店頂いたお客様順となりますこと、ご了承くださいませ


デザートは、ご希望の方のみ、ご用意いたします。
400円+税
ficel. 「いちごのビクトリアンケーキ」 
いちごのコンポートが入った生地に、8種のベリージャムと生クリームを挟んだケーキ

 
take outについて:
ficel.の焼き菓子やハーブティ(予定)、nemuri coffeeの自家焙煎珈琲豆、ON THE DISHのパン
こちらはご予約は承りませんこと、ご了承くださいませ。

ご予約について:
以下の項目とともに、メールでのご連絡をお待ちしております。
info@on-the-dish.com

・お名前
・人数 
*お子さまがいらっしゃる場合は、その旨もお知らせください
*細い階段を上がって頂きますが、ベビーカーを店内にお持ち頂けます
・ご希望の時間帯
*第一・第二希望をお知らせください
・デザートの有無
・当日連絡のつく、ご連絡先

携帯電話の方は必ず受信できるように設定をお願いいたします。
迷惑メールに振り分けられてしまう場合もありますので、ご確認ください。
メールをご返信頂いて、<ご予約完了>とさせて頂きます。

2016.04.10 Sunday

食堂くしま 春の昼食会

西荻窪にある「食堂くしま
扉を開くと、素敵な空間とともに、
くしまさんとお姉さんの優しい笑顔と清らかな空気に包まれ、
一瞬で心穏やかな気持ちになります。

そして、そのお料理を一口食べると、美味しいというだけではなく、
身体の中からしあわせな気持ちが満ち溢れてくるのです。

くしまさんが料理を食べてくださる方にお渡ししたいのは、
「しあわせな気持ち」だとおっしゃるように、
そのしあわせな気持ちの余韻はいつまでも続きます。

今回開催いたします昼食会では、季節の野菜と果物をたっぷりと使った
春のコース料理をご用意してくださいます。*お魚とお肉は使いません
ON THE DISHでは、コースに合わせて、この日のみのパンを添えさせて頂きます。

新緑が美しい季節、春の陽が降り注ぐサンルームで、
くしまさんのしあわせなお料理を、ゆっくりとお楽しみください。


開催日時:4月27日(水)12:00〜
     *10分前にON THE DISHにお越しください

料金:7000円+税
*お飲物(別途料金)はお料理に合う白ワインやソフトドリンクをご用意いたします
   

満席となりました。キャンセル待ちをお受けいたします。

ご予約について:
先着順とさせて頂きますこと、ご了承くださいませ。
以下の項目とともに、メールでのご連絡をお待ちしております。
info@on-the-dish.com

・お名前(参加される方全ての)
・人数
・当日連絡のつく、ご連絡先
・食べ物のアレルギーがある方は、お知らせください
*キャンセルは基本的にはお受けいたしませんが、やむを得ない場合は、
 3日前までに必ず、ご連絡ください。
 それ以降は全額キャンセル料を頂きますこと、ご了承くださいませ。

携帯電話の方は必ず受信できるように設定をお願いいたします。
迷惑メールに振り分けられてしまう場合もありますので、ご確認ください。
メールをご返信頂いて、<ご予約完了>とさせて頂きます。

2016.03.12 Saturday

こどものもの展

母となってみて初めて、どのようなものを子どもに身に付けさせたいのかを
考えたとき、それは、着心地の良さ+シンプルだけれども表情があり、
その子の個性に馴染むものでした。

3月25日(金)26日(土)の2日間、ON THE DISHで『こどものもの展』を
開催いたします。近くの根岸森林公園の桜が開く頃でしょうか。



Tissage」の古川さんは、当店でも毎年手織りカシミアのストールやマフラーを
ご紹介させて頂いている作家さんでもあり、男の子のお母さんでもあります。
男の子の服は、女の子に比べると、どうしても選択肢が少ない中で、
息子さんに着させたいシャツの形を長い月日をかけて試行錯誤をされ、
ようやく完成したものが、今回ご紹介をさせて頂く「小人シャツ」となります。
大人も羨む、男女兼用となる、とても形の素敵なシャツです。

横須賀の古道具店「GARAGE」は、古道具やアンティークの服がメインでありながらも、
新しい生地でオリジナルエプロンなども、製作をされています。
GARAGEの店主であるマイさんが、ご自身の娘さんに着させたいと作られた服は
マイさんの魅力的な感性とともに、女の子らしさと男の子らしさが中和された、
まさにGARAGEらしい子ども服となります。
今回はアーミッシュからイメージされたベストを初め、
サルエルパンツ、ズボン、スモック、他、布ものをご用意くださいます。

私が赤子が産まれる前に揃えた肌着と布ものは、岐阜にある「百草」さんのものでした。
肌の敏感な赤子だからこそ、気持ちの良いものに触れさせたい。
そして、一緒に手に取る自分自身もいつも気持ちよくいたい。という気持ちでした。
百草さんの布ものは、作り手である安藤明子さんが、ご自身の子育ての中で生まれた
「生活に即した実用品で、ボロボロになって雑巾になるまで使って頂けるものを目指し、
 それは、飽きずに使い続けられるものであることと、サイズの融通が利きやすいもの」と考えて
作られています。今回はTissageの小人シャツやGARAGEのベストやスモックの下に着ても、
そのまま着ても大変可愛い、シンプルだけれでも百草らしいTシャツとタンクトップ、
他、小さなお子さんには日々活躍する小さなガーゼなどをご紹介いたします。

karin okamoto」さんには、他にはない素敵なテキスタイルやビーズを使った
一点物の鳥の縫いぐるみ(バード)をご紹介して頂きます。
赤子が産まれてから、たくさんの縫いぐるみをプレゼントで頂きました。
どれも大変可愛く、見ているだけで、私自身も癒されるのですが、
何でも掴み、何でも口に入れるようになった9か月の赤子が手に取るものは、
まず目に入ってくる可愛さとともに、手でしっかりと掴めるものであり、
口に入れても何だか気持ちがよく楽しいもののようで、
今の一番のお気に入りは、karinさんの作られたバードさんになります。
ご自身のお子さんにはもちろんのこと、プレゼントにも大変喜ばれると思います。

いつも子育てを頑張っているお母さん、お父さんたちにも一息ついて頂きたく、
今回のイベントで、小さなお子さんから大人の方にまで喜んで頂ける食はと考えた時、
すぐに思い浮かんだのが「pompon cakes」さんでした。
『オーガニックでジャンキーな老若男女、毎日ぱくぱく食べられるケーキ』を掲げられている
pomponさんのケーキは美味しいことはもちろん、誰もが笑顔になり、楽しい気持ちになります!
<25日(金)のみの出店となります>

「ON THE DISH」も通常通り、金曜日と土曜日、それぞれのメニューのパンをご用意いたします。

お買い上げ頂きましたケーキやパンをサンルームでご自由に召し上がって頂けますが、
お天気が良い場合には、近くの根岸森林公園の桜が開花する頃かと思いますので、
ぜひ芝生の上で、お子さんたちと自由に召し上がって頂くことを、おすすめいたします。

今回の展でご紹介するこどもの衣服のサイズは0〜4歳までを目安に考えられており、
あっという間に成長をする子どもでも長い間着ることができる作りであるとともに、
男女兼用が主となり、ご自宅で簡単に洗って頂ける素材となりますので、
日々きっと、こればかり!というものになるのではないかと思います。

大人だけのお客様にも、もうお子さんが大きくなられた方にも、
ぜひお気軽に来て頂けましたら嬉しく思います!


『こどものもの展』at ON THE DISH
3月25日(金)26日(土)12時〜16時


―お願い事―
*パンのお取り置きは通常通り、当日10時半より、お電話で承ります
*pompon cakesさんのお取り置きは承りませんこと、ご了承ください
*TIssage、GARAGE、karin okamotoさんの品は、オーダーでも承ります
*ベビーカーでお越しの方は、お手数をおかけいたしますが、
 階段上にまでお持ちください
 (人出が必要な場合は、門右手のインターホンを押してください)
*店内にはガラスや段差がありますので、お子さんから目を離さぬよう、
 お願いいたします
 

<< | 1 / 7 | >>
 
CATEGORY
NEW ENTRY
ARCHIVES
LINK