2012.09.06 Thursday

パンの保存方法と温め方

ON THE DISHのパンは、<自家製酵母・粉・水・塩>を基本として作っています。
人間の肌と同じように、季節によって、とても空気に敏感です。

日が経つとパンは乾燥していきますが、そのパンも美味しく食べて頂くには、
「パンの保存方法と温め方」がとても大切になります。

ひと手間を惜しまずにお召し上がり頂けたらと思います。


ー保存方法ー
冷暗所で密閉保存(ジップロックやタッパーに入れて)をして<3日間>

3日以内に食べきれない場合は、1日で食べる大きさにカットをして、
ラップなどでしっかりと包んでから保存袋に入れ、冷凍保存をして下さい。
※食べきれないことが決まっている場合は、初日から


ー温め方ー
1.冷凍したパンは、まず<自然解凍>をします。

2.lunch(イングリッシュマフィン)は、高さの半分を一周、
 フォークをさして穴を開け、手で半分に割ります。

3.温める前に必ず、霧吹きでしっかりと、又は直接水道水にパンをくぐらせて
 パン生地がしっとりと湿る位に、たっぷりと水分を与えます。

4.トースターやオーブンで4、5分、焼き色が周りに付くまで焼きます。
*200℃のオーブンの場合は、表裏を3分ずつが目安
*lunchは、断面のボソボソ部分を上にしてカリッと焼き上げます
*中に具材が入っているパンは、中まで火が通るよう、少し長めに焼きます
*網やグリルパンで焼くのも、おすすめです



<< | 1 / 1 | >>
 
CATEGORY
NEW ENTRY
ARCHIVES
LINK