2016.02.03 Wednesday

Atelier Toa  【 De tail 】

長崎で15年余りに渡り、予約制という形でお店を構えていらっしゃった「アトリエ・トア
昨年末をもって、新たな展開に向かうため、長崎での扉を閉じられました。

訪れたことがある方は、どこにもないその空間や、店主である五十川裕子さんの
審美眼によって選ばれた素晴らしき品々に心躍るとともに、会話やおもてなしなども
心に残っているのではないでしょうか。

いつか訪れることができたら、、と願っていた方々も、きっと多いのではないかと思います。


3月4日(金)5日(土)の2日間、アトリエ・トアがON THE DISHで開かれます。
春夏ものの衣服・オリジナルスニーカー・サンダル・鼈甲アクセサリー・藤籠など、、

長年、国内外の上質な手仕事の品に触れてきた五十川さんが選ばれる品々は、
シンプルでありながらも今回の展のテーマでもある「ディテール」を積み重ね、
尚もそぎ落とされた、身に纏うことでより美しさを表すものだと感じています。

生地や色を選んで頂けるスペシャルアイテムもございますので、まずは、
品々をゆっくりと吟味して頂き、その後、ご試着をして頂いたり、
五十川さんからの提案を聞いたりと、ご自身に合うものをお選び頂けたらと願っておりますので、
<一日2回(1回・8名様)に時間を分けての予約制>とさせて頂くことにいたしました。

今回の展の差し色である赤に合わせて、ficel.さんに「と白のお菓子」をご用意して頂きます。
お買い物の合間にご自身のワードローブを思い巡らせながら、
または、お買い物後に一息ついて頂けたらと思います。
*お菓子については<ご希望の方のみ・ご予約制>とさせて頂きます。

日々の暮らしの中で寄り添いながら、末永くご愛用頂ける大切な衣服と
きっと出逢って頂けるだろう特別な2日間、どうぞお越しくださいませ。
*アトリエトアさんのインスタグラムで商品を少しずつ垣間見ることができますので、
 世界観とともに、どうぞご覧くださいませ。→


 
  Atelier toa

  【 De tail 】
  at
  ON THE DISH

  何を着て どう過ごすかは 長年抱えている課題のような気がする



      


ご予約について:ご予約頂いた方には、追ってお返事いたします
以下の項目とともに、メールでのご予約をお受けいたします。
info@on-the-dish.com

・お名前
 *お友達とご一緒の場合は、お友達のお名前も合わせてお知らせください
 *お子様がご一緒の場合は、その旨をお伝えください
・人数
・ご連絡先
・ご希望日とお時間帯 キャンセル待ちをお受けいたします。
 3月4日(金)10〜13・13〜16 
 3月5日(土)10〜13・13〜16 

 *一回3時間の枠を取っておりますが、ご来店時刻が開始時間より遅くなる場合は、
  事前にお知らせください。また、お買い物後は、ご自由にお帰りくださいませ。

・ficel.の「赤と白のお菓子 1000円」の希望の有無
 *詳細については当日までのお楽しみとなりますので、
  食べられない食材がある場合には、ご予約時にお知らせください。

・アトリエトアをご存知かどうか
 *初めての方には、商品について、ご予約メールへの返信時に補足説明をさせて頂きます。

お支払について:
・展期間中は特別にクレジットカードもご利用頂けます。
・受注製品につきましても、前払いとさせて頂きますこと、ご理解ください。        

 
CATEGORY
NEW ENTRY
ARCHIVES
LINK